Le Chèvrefeuille

世界は遊覧、思い出の場所であり、われらは去りゆく者

海外紀行

ウズベキスタン旅行(0) プロローグ

中央アジアの国、ウズベキスタンは、最近でこそ(といってもコロナ禍の前のことではあるが)インスタ映え(笑)的な旅行で女性に人気が出てきたものの、観光地としてはやはりマイナーな部類に入る国である。 過去にイランを旅行した際、ウズベキスタンもよいかも…

イラン旅行(11) エピローグ:イランという国

今から考えれば、イランに旅行する遠いきっかけは2015年に南フランスを旅行したことだったように思う。旅行自体はニース、アヴィニヨン、リヨンを回るごく短いものだったが、エールフランス航空に登場した際に飛行機内の音楽ラジオをつけてみた際、"Moyen Or…

イラン旅行(10) テヘラン、そして帰国

2016/2/28 9:00頃 タブリーズ空港着 10:10 ATA航空5203便でテヘランへ 11:10 テヘラン・メフラバード空港 テヘラン市内観光 17時ごろ テヘラン市を出発、エマーム・ホメイニー空港へ 22:30 カタール航空499便 ドーハへ 2/29 0:05 ドーハ・ハマド国際空港 1:1…

イラン旅行(9)2016.2.27 トルコ人たちのイラン

2016/2/27 終日タブリーズ観光 タブリーズ・インターナショナルホテル宿泊 この日は終日タブリーズを観光する。 タブリーズの名所といえば、なんといっても規模の大きなバーザールだろう。このバーザールの歴史は1000年以上前にさかのぼるとされ、現在の建物…

イラン旅行(8)2016.2.26 ゴレスターン宮殿 ―テヘランからタブリーズへ―

2016.2.26 →→→8:00頃 テヘラン駅着 テヘラン観光 13:00 テヘラン空港 14:10 ATA航空5248便 15:10 タブリーズ空港 インターナショナルホテル泊 本日もまた日程が慌ただしく、寝台特急でテヘランに到着し、午前中はテヘラン観光。といっても、それほど滞在時間…

イラン旅行(7)2016.2.25 夜行列車でテヘランへ

2016.2.25 マシュハド観光 21:15 マシュハド駅発 →→→(車中泊) 本日は夜までマシュハドを観光し、そののちに夜行列車でテヘランに向かう。 といっても、マシュハドの唯一かつ最大の観光の目玉であるエマーム・レザー廟はすでに二回も訪れてしまい、あまりやる…

イラン旅行(6)2016.2.24 聖都マシュハド

2016/2/24 午前中:イスファハーン観光 12:00ごろ イスファハーン空港 13:30 Iran Airtour 943便でマシュハドへ イランホテル泊 本日は午前中は再びバーザールを観光し、午後は空の便でマシュハドへ移動する。 昨日目星をつけたものを買いに行くために再びイ…

イラン旅行(5)2016.2.23 世界の半分

2016/2/23 全日イスファハーン観光 アッバースィーホテル泊 イスファハーンは世界の半分。 世界史を学んだ人なら、この言葉を一度くらいは耳にしたことがあるのではないだろうか。私は高校時代世界史は大嫌いだったが、サファヴィー朝の名前もイスマーイール…

イラン旅行(4)2016.2.22 砂漠都市ヤズド、イスファハーンへ

2016/2/22 AM ヤズド観光 13:00 ヤズド・バスターミナル発、バスでイスファハーンへ 19:00 イスファハーン アッバースィーホテル泊 本日は午前中にヤズドの旧市街を観光し、午後はバスでイスファハーンに移動する、ややあわただしい日程である。ヤズドの旧市…

イラン旅行(3)2016.2.21 拝火教の軌跡

2016/2/21 7:00 シーラーズ・バスターミナル 7:30 高速バスにてシーラーズ発 15:00ごろ ヤズド・バスターミナル着 ヤズド市内観光(ゾロアスター教寺院、鳥葬の塔) マレク・オットジャールホテル泊 本日はヤズドへ移動の日だ。Breakfast boxをあらかじめ頼ん…

イラン旅行(2)2016.2.20 シーラーズ、ペルセポリス

2/20 ~10:00 シーラーズ観光 10:00~13:00 ペルセポリス、ナグシェ・ロスタム観光 13:00~ シーラーズ観光 ザンディーエ・ホテル泊 本日は一日中シーラーズ観光である。 イラン旅行の中では一つの目玉といってよいだろう、アケメネス朝ペルシアの遺構ペルセ…

イラン旅行(1)2016.2.18-19 イスラム圏の衝撃

2/19 QR813便 0:15 羽田→06:05ドーハ IR682便 11:45ドーハ→13:30シーラーズ ザンディーエ・ホテル泊 さて、待ちに待った2月18日になった。翌日0:15発の飛行機のために、2時間前の10時に羽田空港に到着。カタール航空カウンターの近傍の椅子に座って時間をつ…

イラン旅行(0)プロローグ

イランという国の名前を聞いたことがある読者は多いだろう。 最近ではウランの濃縮とか核合意とかイエメンとかシリアとかいうきな臭い文脈で語られることが多い。というか1979年のイラン革命以来、イランという国はほぼ常に、他国への介入の手痛い失敗を認め…